包茎手術について知る

ロゴ
トップページ
<包茎治療に対応しているクリニック>
包茎で悩まされている方の中には、手術経験がなく怖いと感じている方も多いと思います。 確かに、お医者さんの診断の結果、手術をお勧めされることもありますが、強い痛みがあったり、長い入院が必要になるような大きな心配をする必要はありません。 治療に関する知識がないと、漠然とした不安ばかりが大きくなってしまうものですが、きちんと正しい知識を身につけることで、安心感を持てるようになります。 デリケートな悩みなので、知りたいことはあっても、堂々と情報収集ができないという方もおられると思います。 そんな時は、インターネットの情報サイトが参考になります。 治療方法について紹介してくれている情報サイトもありますし、包茎治療に対応しているクリニックでも治療方法など、これから治療を検討されている方のために、正しい情報をわかりやすく紹介してくれています。 すぐに終わる治療方法もありますし、入院の必要なく、すぐに自宅に帰ることも可能な治療方法もあるので、きちんと知っていくことで、安心感を持って、治療に前向きになれると思います。 インターネットから専門のお医者さんに相談をしてみたり、実際にクリニックに行って、カウンセリングを受けてみることで、さらに安心感を持てます。 インターネットでも手術方法をわかりやすい絵と説明文付きで紹介してくれているところもあるので、医学の知識がない素人でも安心して治療が受けられそうか判断をしていくことができます。

<包皮を再生させる再生術>
日本では包茎というと治療すべきものだという認識があります。 確かに、真性包茎や重度の仮性包茎、カントン包茎のようなケースですと、治療をした方が良いと言えるのですが、軽度の仮性包茎で自分自身で簡単に包皮をむいて亀頭を露出させる人の場合は、無理に治療をする必要はありません。 日常生活の中で、恥垢がたまってしまわないように清潔を保っているようにすると、特に問題が起こることもありませんが、見た目を気にしてしまって手術で包皮を切除する人も少なくありません。 しかし、海外に目を向けてみると、少し違ったことになります。 日本人からすると最も馴染みのある外国であるアメリカですが、アメリカの場合はおよそ70%前後の人が幼児期に割礼を受けることになります。 割礼とはいわば包茎手術のようなもので、幼少期に亀頭を露出させてしまう儀式のことですね。 宗教的な側面や文化的な側面もあることなので、割礼の習慣がない日本人からするとピンとこないかもしれません。 この割礼を受けた男性の中で、包皮を再生させる手術などを受ける人も少なくないそうです。 何故、包皮を再生させるのかと言いますと、包皮には重要な役割もあるといったことが知られてきているからです。 例えば性交渉をする時に男性器、女性器ともにクッションの役割を果たして程よい動きに調整してくれる効果や、亀頭を保護する役割、免疫機能のアップなどが言われています。 医学的な根拠としては未だ認められている訳ではないようですが、こうした役割があること、割礼によって自分の意志ではなく包皮を切除されてしまったことからくる心理的なものなどがあってか包皮の再生術を行う人が多くいるそうです。 包皮の再生術ですが、大きく分けると2通りの方法があり、手術と器具を使ったものになります。 包皮再生手術ですが、手術をしたからといって確実に包皮を再生できるといった訳ではなく、痛みやリスクを伴うことからあまり行われていないようです。 包皮の再生に関しては、手術よりもグッズを使ったものが一般的です。 費用的にも安価で済み、リスクも少ないといったことから利用する人も多いそうですが、基本的には数年間継続して行わないといけないといったデメリットもあります。 日本でも再生グッズなら個人輸入をして利用することができますので、包皮の再生を考えている人がいるのなら、チャレンジしてみても良いでしょう。



Copyright(c) 包茎手術について知る. All right reserved.